ホーム > 製品紹介−引込工具・支線アンカー

製品紹介?引込工具・支線アンカー

引込工具

溶融亜鉛メッキ仕上 穴掘りアンカーW

製品特徴・使用方法

2枚刃スクリュー式・アンカー打込み器不要。

軽くて作業も簡単です。回しながら地中に入って行きます。

反対に回せば簡単に外せますので、何回でも使えます。

溶接があり、強くねじっても曲がりません。

使用方法
詳細
製品写真

 

クルクルホイラー(銅管柱専用穴掘シャベル)

製品特徴

1、引込ポール及び支線アンカーの敷設工事の省力化に強力なツールです

2、クルクル廻すことで直径約15cmの掘削が可能です

3、「両柄シャベル」と比較して…

  ・狭いところでの穴掘り作業が簡単に出来ます

  ・掘った土がシャベルの中へ入って素早く掘削が可能です

  ・深さ1mの穴を掘るのに短時間で掘削が可能です

1.「クルクルホイラー」を差し込み掘削開始。

2.下へ押し付けながら右方向へ回転させます。

3.必要範囲以上の掘削は不要です。

4.土が溜まったら引き抜いて土を落とし、2からの作業を繰り返し続けて下さい。
シールの下までが約1mですので目安にして下さい。

掘削状況
1)掘削深さ 1m 2)土質 上40cmは小石混じり、下60cmは粘土(湿り気あり) 3)掘削時間 約10分

溶融亜鉛メッキ仕上 鋼管柱用ガイド

製品特徴

本製品はポールを建てる時に、安全に作業ができるようガイドとして使用します。

下記のように使用すると、一人で安全にポール建て作業が可能となります。

使用方法

1.クルクルホイラー等でポール用縦穴1m×150φの掘削。

2.鋼管ガイドを縦穴に差し込む。

3.ポールを鋼管ガイドに添って差し込む。

4.鋼管ガイドを引き抜き、縦穴を埋める。

5.樹脂製と比べて耐久性がある。

家屋側支持点の施設

低圧架空引込線の家屋側の施設位置は、次を考慮して選定することが望ましい。

1.
支持点は、引込線の張力に十分耐えるよう造営材に堅ろうに施設すること。
2.
支持点は、耐久性のある施設とすること。
3.
引込線が外傷を受けにくい場所であること。
氷雪が多い地方では屋根からの落氷雪に特に注意すること。
4.
引込線が屋上を通過しないで施設できること。
5.
引込線が金属製煙突、アンテナ又はこれらの支線に接近しないで施設できること。
6.
架空ケーブル工事となる引込線を、ラス張りなどの漏電火災を発生し易い建物に施設する場合は、ちょう架用線と建物のラス等の金属体とを電気的に絶縁すること。
  • 引込金具
  • 引込アングル